本末転倒は避けましょう

学生にとって、学費の捻出は重要な課題でしょう。親が仕送りをしてくれるのであれば問題ありませんが、自分で学費を稼ぐ必要があるという人もいます。親の方針で大学の費用は自分で出せといわれる家庭もあれば、親としては出してやりたいがそこまでの資金がないという家庭もあり、事情はさまざまです。もちろん、本人が奨学金を借りることができれば、返済開始は就職後でいいということになります。しかし、奨学金は親の所得制限もあるため、全員が借りられるわけではありません。そうなると、自分でアルバイトをして稼ぐ必要が出てきます。学費を稼ぐためにアルバイトのする場合、注意点は二つあるでしょう。一つは、本業である学業の時間に影響を与えないという点です。もう一つは、学業に必要な体力と気力を残してアルバイトをするということになります。そのためには、体力的に厳しいアルバイトを選ぶのは賢い選択とは言えません。通常の学校は昼間に授業があるため、睡眠が不足していると授業中に眠くなってしまいます。そうならないためには、体力的な消耗を避けるアルバイトを選ぶといいでしょう。また、同じ理由で深夜のアルバイトは避けるべきです。もちろん、深夜のアルバイト仕事は時給が高くなるので、深夜のアルバイトを選びたくなる気持ちはわかります。しかし、本末転倒にならないように注意する必要があるのです。深夜のアルバイトを選ぶよりは、早朝のアルバイトを選ぶ方がいいかもしれません。もしくは、ある程度時間の融通がきく求人を探すのもいいと思います。

Leave a Reply