学費を自分で支払うためには

はじめに言っておかなければならないことは、学費というのを学生本人が支払っていくということはとても難しいということです。私立であれば、年間100万円を超えてしまうというのが一般的といえます。また、たとえ公立であっても50万円から80万円くらいはかかってくるものです。こうした金額を生活費とあわせながら支払っていくというのは、ほとんど学業をないがしろにしなければできないような芸当と言わざるを得ません。学業を疎かにせずに学費を自分で支払うためには、ちょっとしたコツのようなものがあります。たとえば、学生寮のある大学に入学するということです。寮に入って学生生活を送ることができれば、その分生活費の節約につながります。一般的なアパートを探すよりも質の良い部屋に住める上に、家賃や光熱費なども割安で生活ができるのです。それから、特待生制度を利用するという方法もあります。これは簡単なことではありませんが、特待生制度であれば所得に関係なく授業料や入学金などの免除を受けることが可能です。特待生制度は主に私立大学が実施している制度ですが、国公立大学でも授業料や入学金を免除してくれる制度があります。審査基準は厳しいですが、是非とも活用したいところです。もちろん、奨学金を利用しても良いでしょう。その際、所得が低いなどの特段の事情を考慮してくれる日本学生支援機構の奨学金を利用するようにすると、より学費の節約をしやすくなるかもしれません。

Leave a Reply